ブルータワー 石田衣良 徳間書店 ★★★

9.11、WTCが崩壊していく映像を見て受けた衝撃にインスパイアされたという作品。
超高層マンションに住み、脳腫瘍で余命わずかな主人公が
頭痛で意識を失い、精神だけ二百年後の世界に飛ぶ。
未来世界の地上は黄魔ウィルスに汚染され、
生き残った人々は高さ2000mの塔に暮らしている。
物理的な高度と社会的階層が比例する世界では極端な貧富の差が生まれていた。

個人的な好みの問題だと思うけど、ファンタジーが苦手なので途中で退屈になった。
とはいえ、こんな異色ジャンルでも作者の力量はさすがだと思う。
特に視覚的イメージの明確さは魅力のひとつだろう。
200年後の世界で主人公を守るボディガード、側近、下層民の少女の3人は
戦闘モノアニメ風のキャラクター像が完璧な形でビジュアライズできる。
(主人公の高慢で冷たい妻のイメージはなぜか韓国女優チェ・ジウ)
ゲームやアニメが好きな人ならかなり楽しめるのでは。

文化大革命の時代、一冊の書物もない環境で強制労働させられた知識人のエピソードは
米原万里「オリガ・モリソヴナの反語法」同様、本を愛する者にとって感動的。
('04 11 21)
[PR]
by gloriaxx | 2004-11-21 14:10 | ★3


<< その名にちなんで The na... 11分間 OnzeMinuto... >>