13のエロチカ 坂東眞砂子 角川書店 ★★

読んだことはないけど「死国」「狗神」などおどろおどろしい作品で有名な著者なのに、
こういうテイストの作品もあるのかと興味がわいたのだが・・・
エロスの表現にはいろいろあるけれど、この人のは即物的すぎて生々しくて嫌悪感を強く感じた。
情緒がなくがさつな女って印象。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:47 | ★2

東京タワー 江國香織 マガジンハウス ★★★★★

二十歳の男の子2人が主人公。
2人とも「年上女好き」でひとまわり以上も年上の女性とつきあっている。
この設定が文句なしに私好みだ(笑)
主人公2人も相手の女も対照的なタイプだが、どちらのカップルの描写にもハッとさせられたり、
しみじみ共感させられる心情表現が多い。
「言葉を口にする瞬間は、耕二はいつも本気なのだ」
「別れ話をしようと考えながら出かけるのに、顔を見た途端にそんなことはどうでもよくなってしまう。
双方が強く欲しているのだから、ともかく今はセックスをしよう」など、
個人的には耕二と喜美子のカップルに共感すべき点が多かった。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:45 | 評価 ★5

特急こだま東海道線を走る 姫野カオルコ 文藝春秋 ★★★★

著者の自伝的要素の強い最新短編集。作風が変化したなと思ったら
顔面神経麻痺になって闘病したのだという。
闘病体験が思い出したくない幼少期の記憶と対決し、
小説という形で構築しなおすきっかけになったらしい。
私自身の経験からも言えるが、子供というのは大人が考える以上に「大人」であり、
物事や人間関係の複雑さなどについてきちんと理解しているものである。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:44 | ★4

セックスとニューヨーク キャンディス・ブシュネル/古屋美登里 ★★

大好きなアメリカのTVドラマ「SEX IN THE CITY」の原作なので
わざわざアマゾンで取り寄せてまで読んだのにがっくり・・・
ぜ~んぜんおもしろくないし、何が言いたいのかわからないし・・・

アメリカ人じゃないからピンとこないのかとも思ったが、
ドラマは国や人種を超えて普遍的に共感できる作りになっているのでそうでもなさそう。
翻訳もよくないのかも・・・とにかく期待はずれだった。
この原作をあれだけの名ドラマに仕上げたスタッフたちの才能にあらためて感服。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:43 | ★2

日本語を書く部屋 リービ英雄 岩波書店 ★★★

日本語を母国語としないアメリカ人日本語作家による日本文学論と、
体験的日本語についてのエッセイ。
世界的視点から見ても究極的に異色な作家であり文学研究者だということがよ~くわかる。
しかし残念ながら私にあまり日本文学の素養がないのでけっこう難しく感じた。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:40 | ★3

増量・誰も知らない名言集 リリー・フランキー 幻冬舎文庫 ★★★★

リリーさんのことはTV「ココリコ・ミラクルタイプ」で見て好きだったが、
思ってた以上にファンキーでスケベで辛口な人物のようだ。
ますます好きになったが、女を見る目も手厳しくて自己反省させられたりも・・・
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:38 | ★4

黒い玉 トーマス・オーウェン/加藤尚宏 東京創元社 ★★

ロアルド・ダールっぽい味を期待したのに・・・この退屈さは時代的なズレのせいか?
「旅の男」「染み」はちょっと性倒錯的な味わいがある。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:36 | ★2

オンリー・ミー 私だけを 三谷幸喜 幻冬舎文庫 ★★★★

香港へ行く機内で読んで思わず声を出して笑いそうになって困った。
N.Yを舞台にしたドラマ(飯島直子、石橋貴明、西村雅彦主演)のゴージャスな制作発表
(新宿パークハイアットのボールルームみたいな会場だった)の時にご本人を見たが、
フツーに見えてどっか挙動不審というか「変わってる」という印象の人だった。
この人の「笑い」は好き嫌いがはっきり別れると思う。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:34 | ★4

痛いほど君が好きなのに イーサン・ホーク/桑田健 ヴィレッジブックス ★★★★★

俳優イーサン・ホークの自伝的恋愛小説。
小説を書いていたと知って「なるほど」と納得したけれど、これほど才能があったなんて!
久々に思わず涙した恋愛小説だ。
著者自身がモデルと明らかな主人公ウィリアムの心情、サラとの出会いから別れまでの
エピソードのどれもがまるで自分のことみたいに思える。
当時もう映画に何本か出ていた彼でもこんなに不器用で切ない恋愛をしていたんだと思うと、
ますます彼のファンになった。
人種や国や職業なんか関係なく、恋をすると誰でも同じ道を通るのね・・・。
まだ少年のウィリアムに「あなたのような男の子が将来女の子を妊娠させるようになるんだわ」
と言って、寝る前に背中をさすって寝かしつけてくれるのを突然やめた母親のキャラもすごい。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:29 | 評価 ★5

美女入門 part3 林 真理子 マガジンハウス ★★★★

著者がまだコピーライターで「ギャルズライフ」
(ヤンキー系読者対象でセックス体験記事がメインになる前の)
でエッセイの連載を始めた頃からファンだけれど、
この人の世界はますますゴージャスになってゆく・・・
今の若い世代は林真理子が作家だということを知らない人が多いというが、
コピーライター出身で悲惨なプライベートライフをネタにしてた過去が今や信じられないほど。
それを嫌味になるギリギリで抑えてるのはさすが。
[PR]
# by gloriaxx | 2004-11-03 13:27 | ★4