古惑仔 チンピラ  馳 星周 徳間書店 ★★★

著者が「不夜城」で人気作家になって間もない頃、
映画の試写会の前に彼のトークショーみたいなのがあった。(映画はなんだったか忘れた)
すごい重そうな金のチェーンをつけていかつい感じだったけど、
意外なことに、喋るときちんとした人って感じだった。
彼の描く裏社会はダークさとロマンの配分がけっこう好き。
[PR]
by gloriaxx | 2004-11-04 18:04 | ★3


<< あなたには帰る家がある 山本文... 小説の秘密をめぐる十二章 河野... >>