ピーコ伝 ピーコこと杉浦克昭/聞き手 糸井重里  日経BP社 ★★★★★

「好きな男がいても彼の心をつかもうとは思わない。体に対する欲望もない。
こっちが勝手に好きになったらできるだけのことをしてあげるけど見返りは求めない。
こうすること自体が私の欲望です」こう言い切れるピーコさんはすごいと思う。

私みたいな煩悩の塊は、自分が好きになったら相手にも好きになってほしいし、
逢いたい、声を聴きたい、抱き合いたいと欲望でいてもたってもいられなくなる。
左目を取ってからは自分がなにかに生かされてるような気がすると彼は言うが、
徹底してストイックで潔い生き方の根っこは、
ご両親の健全で節度のある育て方だということががよくわかる。
毎日がパーティーだったという若い頃の話もゴージャスでおもしろいけど、
ただの自慢話に終わらず生き方の美学が伝わってくる。

「自分も好きで、相手も好きになってくれて、抱き合ったりセックスしたら
それで愛がかなうといえるのか、違うと思うのよ。
それは欲望の実現であってそれだけじゃ愛じゃない」
この言葉の深さはハートを直撃である。
[PR]
by gloriaxx | 2004-11-04 18:12 | 評価 ★5


<< 迷宮 清水義範 集英社 ★★ シネマ坊主 松本人志 日経BP... >>